2018年4月17日火曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その5

その4からのつづき。


今回は、閑話休題。書き終えての感想を書いてみます。

2018年4月13日金曜日

辻村深月『かがみの孤城』

本屋大賞2018に選ばれた『かがみの孤城』。


2018年4月9日月曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その4

その3からのつづきです。

古代ギリシアの原点に立ち戻る

今回は、最初の1〜3章と、最後の2章の話をしたいと思います。前回、書いた通り、ここにはこの本のエッセンスが抽出、凝縮されています。

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その3

その2からのつづきです。

まずは、この本の問題設定を確認したいと思います。哲学としての問いです。

ふたつの問い、「世界とはなにか」(世界はどのように成り立っているか)「善く生きるとはどういうことか」が根本にあります。


2018年4月8日日曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その2

その1からのつづきです。『遊戯哲学博物誌』の紹介。


なぜ「遊び」なのか。

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その1

『遊戯哲学博物誌』を刊行してから半年ほど経つあいだに、いろいろな声をいただき、いろいろな読まれ方をされている!と少し驚いています。


自分でもなにかに突き動かされるように書き切った本でしたが、いま、落ち着いて「このように整理してみたら、もっと見通しが利くのではないか」と思ったところをまとめてみます。


できれば、一段落ついた著者からの「案内板」のつもりで……