2018年4月8日日曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その1

『遊戯哲学博物誌』を刊行してから半年ほど経つあいだに、いろいろな声をいただき、いろいろな読まれ方をされている!と少し驚いています。


自分でもなにかに突き動かされるように書き切った本でしたが、いま、落ち着いて「このように整理してみたら、もっと見通しが利くのではないか」と思ったところをまとめてみます。


できれば、一段落ついた著者からの「案内板」のつもりで……


この本の副題は「なにもかも遊び戯れている」。この本の世界観を表しています。それは、おはじきが広がった床のように、または積み木を重ねたり崩したりする遊びのように、いわば子供の戯れとして、この世界そのものを眺める仕方です。

または、ガスや塵が渦巻いて星が生まれたり消滅したりする宇宙の光景。


さて、そのように「世界を眺める」ことにはどういう意味があるのでしょう?

〜〜〜〜〜

楽観的なひとと、悲観的なひとは、見える世界がちがうでしょう。どちらかと言うと、楽観的になれたら、そのほうが幸せそうです。

そんなちがいが、思想のあいだにもあります。

ショーペンハウアーは『意志と表象としての世界』において仏教の影響を受け、「諦念」に至る世界観・人生観を語ります。ハイデガーは「死」を起点に生を捉え返す実存の哲学を開きました。キーワードとして「不安」という気分にも触れています。

そのため、これらの哲学はどこか暗い影が落ちている印象も与えます。

他方、もっとも明るい哲学と思われる(ぼくも大好きな、敬愛する)スピノザの『エチカ』では肯定的な神が登場し、それが世界そのものでもあり、「わたし」もその一部となり、喜びに至る論理が展開されます。最後にはやや神秘主義の趣を帯びるのですが、読んでいて元気の出る思想です。

どこか楽しそうに見えるスピノザ

では、『遊戯哲学博物誌』はどうなのか。

まずは、「遊び」さながら、軽快で喜びのある世界を描きたかった。それでいて、それがハイテンションな「生の哲学」に終わらず、どこか中性的でありたかった。というのも、「遊び」は善いものでも悪いものでもなく、遊びそれ自身である、と思うがゆえに、スピノザ的な精神を引き継ぎながらも、世界をどうしても肯定「せねばならない」わけではなく、生きることの素晴らしさを賞賛するのみの哲学書である必要もない、と考えたのでした。

次回は、そんな「遊び」に込められた意味をもう少しくわしくお話ししたいと思います。(その2へつづく)