2017年1月8日日曜日

「君の名は。」を観て

映画、「君の名は。」をやっと観ての、感想と批評。ただし、ネタバレはなし。主に馴染めなかった点を書いてみたい。

面白いし、映画館で作画の世界に浸ると、余韻も残る。けれど、作品世界に入り込みづらかったのは、次の2点。

いかにもアニメ、という雰囲気。「田舎を舞台のひとつに組み込む(そして、やや理想化する)」その他、流行りのサブカル要素をふんだんに盛り込んだ設定。話の運び、ノリも、ラノベ風。まったく好みの問題だけれど!

もうひとつは、場面転換がせわしない。専門家も(ひとコマの)「尺が短い」と指摘している。その分、作画の労力が余計にかかるので、「贅沢」とも言えるが……。

「ロングショット」が名場面となるセンスの真逆を行っている。中盤まで伏線と設定が詰め込まれ、クライマックスで回収するが、展開は速く、どうも「流れのある物語」を観ているというより、「プロット(筋と構想)」を頭で追っている気分になる。

スマホを高速でスクロールしながらテキスティングする世代の映画なのか。

最後に、どうでもよい話をひとつ。感想が気になってネットを眺めていたら、「失礼ですが、歌はBUMP OF CHICKENだとずっと思っていました」というコメントがあって可笑しかった。

本当は、RADWIMPSだと知って映画館に行っても「BUMPだ!」と思うほど、音作りがよく似ていた。(笑)

そんなところで、おしまい。🎥